研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 >理研BNL研究センター

原子核・元素変換研究部門

RIBF研究基盤部門

加速器応用研究部門

素粒子物性研究部門

仁科センター直下

理研BNL研究センター

センター長の写真
センター長
延與 秀人Hideto EN' YO D.Sci.
  • 1984年学振研究員(在東京大学)
  • 1985年学振海外特別研究員(在 CERN)
  • 1987年CERN 研究員
  • 1989年京都大学理学部助手
  • 1994年京都大学理学部助教授
  • 2001年理化学研究所主任研究員(現在に至る)
  • 2001年理研BNL研究センター実験グループリーダー
  • 2007年理研基幹研究所先端技術基盤部門・部門長
  • 2009年理研仁科加速器研究センター・センター長(現在に至る)

研究室プロフィール

理研BNL研究センターは、米国ブルックヘブン国立研究所(BNL)に1997年4月に設立されました。本センターは理研により運営され、新世代の若い物理学者を養成することにより、スピン物理、格子QCD及びRHIC物理を含む強い相互作用の研究に専念しています。

主要論文

  1. PHENIX Collaboration (A. Adare (Colorado U.) et al.).:
    "Inclusive cross section and double-helicity asymmetry for π0 production at midrapidity in p+p collisions at√s =510 GeV"
    Phys.Rev. D93 (2016) 1, 011501
  2. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
    "Charged-pion cross sections and double-helicity asymmetries in polarized p+p collisions at √s =200  GeV"
    Phys.Rev. D91 (2015) 3, 032001
  3. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
    "Measurement of transverse-single-spin asymmetries for midrapidity and forward-rapidity production of hadrons in polarized p+p collisions at s√=200 and 62.4 GeV"
    Phys.Rev. D90 (2014) 1, 012006
  4. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
    "Inclusive cross section and single transverse spin asymmetry for very forward neutron production in polarized p+p collisions at sqrt{s}=200  GeV"
    Phys.Rev. D88 (2013) 3, 032006
  5. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
    "Cross sections and double-helicity asymmetries of midrapidity inclusive charged hadrons in p+p collisions at sqrt{s}=62.4 GeV"
    Phys.Rev. D86 (2012) 092006
  6. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
    "Observation of direct-photon collective flow in sqrt{s_{NN}}=200 GeV Au+Au collisions"
    Phys.Rev.Lett. 109 (2012) 122302
  7. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
    "Cross section and double helicity asymmetry for eta mesons and their comparison to neutral pion production in p+p collisions at sqrt(s)=200 GeV"
    Phys.Rev. D83 (2011) 032001.
  8. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
    "Measurement of Transverse Single-Spin Asymmetries for J/psi Production in Polarized p+p Collisions at sqrt{s} = 200 GeV"
    Phys.Rev. D82 (2010) 112008, Erratum-ibid. D86 (2012) 099904.
  9. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
    "Event Structure and Double Helicity Asymmetry in Jet Production from Polarized p+p Collisions at sqrt{s} = 200GeV"
    Phys.Rev. D84 (2011) 01200
  10. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
    "Cross Section and Parity-Violating Spin Asymmetries of W+- Boson Production in Polarized p+p Collisions at sqrt(s)=500 GeV"
    Phys. Rev. Lett. 106, 062001 (2011)

研究グループ

研究室名 役職 代表者
理研BNL研究センター センター長 延與 秀人
理論研究グループ グループリーダー Dmitri KHARZEEV
実験研究グループ グループリーダー 秋葉 康之
計算物理研究グループ グループリーダー 出渕 卓

 

 

 

PageTopへ