研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 > 核変換データ研究開発室

原子核・元素変換研究部門

RIBF研究基盤部門

加速器応用研究部門

素粒子物性研究部門

仁科センター直下

核変換データ研究開発室

室長
櫻井 博儀Hiroyoshi SAKURAID.Sci.
  • 1987年東京大学理学部物理学科卒業
  • 1993年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了
  • 1993年東京大学大学院理学系研究科助手
  • 1995年理化学研究所研究員
  • 2000年東京大学大学院理学系研究科助教授
  • 2005年理化学研究所主任研究員
  • 2011年東京大学大学院理学系研究科教授

研究室プロフィール

原子力発電などによって生じる高レベル放射性廃棄物の問題は国家的・国際的レベルの最重要課題のひとつです。この問題を根本的に解決するためには長寿命放射性核種を短寿命化もしくは安定化するための核変換技術の確立が必要になってきます。長寿命放射線核種のなかでも核分裂生成物ついては核変換に関連する基盤開発・技術開発はほとんど進んでいないのが現状です。我々のグループはRIBF施設や他の施設を利用して、核変換基盤を支える反応データを取得し、原子力の平和利用と世界人類の福祉に特化した「発明」と「発見」を生みだすことを目標としています。

研究テーマ

主要論文

  1. Wang H., Otsu H., Sakurai H., et al:
    "Spallation reaction study for the long-lived fission product Pd-107"
    Prog. Theo. Exp. Phys. 2017, 021D01 (2017)
  2. Wang H., Otsu H., Sakurai H., et al.:
    "Spallation reaction study for fission products in nuclear waste: Cross section measurements for Cs-137 and Sr-90 on proton and deuteron"
    Phys. Lett. B 754, 104-108 (2016)

 

研究チーム

研究室名 役職 代表者
核変換データ研究開発室 室長 櫻井 博儀
高速RIデータチーム チームリーダー 大津 秀暁
低速RIデータチーム チームリーダー 炭竃 聡之
ミューオンデータチーム チームリーダー 櫻井 博儀

 

 

PageTopへ