仁科センターの紹介
HOME > 一般向けトップ > 仁科センターの紹介

仁科加速器科学研究センターの紹介

 

仁科加速器科学研究センターは「原子核・元素変換研究部門」「RIBF研究基盤部門」「加速器応用研究部門」「素粒子物性研究部門」の4つの部門で構成されています。

「原子核・元素変換研究部門」は原子核や宇宙の基本的性質や特性の基礎研究と、核変換に関する基礎研究を行なっています。。
「RIBF研究基盤部門」はRIビームファクトリーの重イオン加速器を用いた様々な研究・開発を行っています。
「加速器応用研究部門」はRIビームファクトリーの加速器や実験施設を用いた応用研究を行なっています。
「素粒子物性研究部門」は海外にある理研BNL研究センターと理研RAL支所うを拠点とした、陽子・中間子・ミューオンなどを用いた素粒子・原子核・物性に関する実験的研究と物理の基本法則の探求、素粒子や原子核に関する理論研究を行っています。

センター長からご挨拶
センター長からご挨拶
仁科センター長からのご挨拶です。  
組織
組織
仁科センターの組織について。
組織図など。
仁科センターの歴史
仁科センターの歴史
仁科センターの由来、仁科芳雄の紹介や、加速器、原子核研究の歴史紹介。
パンフレット
パンフレット
仁科センターのパンフレット。
国際研究協力
国際研究協力
各国機関と多くの協定を結んでいます。
評価
評価
外部評価のレポート。

 

 

 

PageTopへ